学校や職場の制服やユニフォームは所属している団体の顔でもあり、団体に所属している方々を引き立てる物でもあります。
となれば、信頼の置けるクリーニング業者にクリーニング作業を依頼する必要があります。
制服やユニフォームのクリーニング業者には、どのような点に注目した方が良いでしょうか。
1つは、技術力がある事です。
仕上げがきれいである事が第一条件ですが、ワイシャツの仕上げ一つでもプロの様々なテクニックが生かされています。
実際にクリーニング業者に出してみて、その業者の技術力が確かかどうかを確認すると良いでしょう。
2つめは、スタッフの専門知識がある事です。
業者のスタッフにクリーニング業者の資格である「クリーニング師」を持っている人が何人いるかをチェックする必要があります。
資格を持っているかどうかだけではなく、実際に業務知識が備わっているかスタッフと話すのもいいでしょう。
また、様々な団体に所属し、常に技術の向上を図っているクリーニング業者も注目しておきたい所です。
3つめは、サポート体制がしっかりしている事です。
トラブルに対してしっかり対応してくれるかどうか、口コミや評判などをチェックする必要があります。
4つめは、価格です。
あなた自身が望むクリーニング技術に対して適正な価格かどうか、しっかり見極める必要があります。
安かろう悪かろうという言葉がありますが、高いからと言って絶対に信頼できる業者とは限らない場合もあります。

綺麗にする

学校などの制服は毎日着るものですが、結構高価です。
育ち盛りの子供ですと成長が早くて何枚も同じサイズを買っておくわけにもいきません。
そうかといって男の子などは成長期には汗をかいたり汚れることが多いです。
一着しかないとクリーニングに出すわけにもいきませんでした。
たまたま子供の通った中学は行き帰りだけ学ランと呼ばれる制服で、学校では体操のユニフォームに替えて生活していましたので、クリーニングは春、夏、冬のクリーニングで乗り切りました。
体操のユニフォームの材質はもちろん家で選択できるものでしたので、とても助かりました。
高校の時にはブレザーで、カーデガンやベストがありましたので、学校ではブレザーを脱いで生活していましたので、直接身につけるカッターシャツだけを毎日家で洗濯してアイロン掛けをして着せることが出来ました。
スーツは毎日着て行きますが、営業でもなければ基本会社との行き帰りだけで、上着は会社では脱いで仕事をしていることが多いようです。
そこで、一番消耗するのがズボンです。
スーツを購入するときには今は洗濯が可能な材質のスーツが売られるようになりましたので、この材質のもので替えズボンが最低でも2本あるセットを購入するようにしています。
洗濯できるといいましても洗濯機で回すのではなく、シャワーで上から水を掛けて埃と汗を簡単に洗い流すことが出来るだけですので、季節の変わり目にはクリーニングに出して、片付けるようにしています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031